日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(6)
元気系(4)
いやし系(7)
恋愛系(8)
ペット系(15)
映画系(1)
アニマン系(1)
秘密系(1)
オトナ系(23)
今日の日...
ご無沙汰...
気まぐれ...
オトナの...
『怒涛のUP...
『3回目の...
『18禁』
『無題』
『256』
:『セカン...
『報告』
『女性の...
『メール...
『大人の...
『雑記』
『とんで...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 やもめ日記.いやし系日記
わたる
わたるとりあえず系元気系いやし系恋愛系ペット系映画系アニマン系
秘密系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆50才 1967(昭和42)年9月9日(乙女座) A型 大阪府北部在住 大阪勤務/出身 自営/フリーランス 文系大学卒 年収 800万円以上 日曜休み 一人暮らし 独身 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒は飲めない 喫煙しない 172cm 62kg /普通体型 / 黒髪 茶目 タイガースファン ギャンブルする
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ, ゲーム(ソフト,ハード), コンピュータ, インターネット, 甘党
作家QRコード
作家QR
 コード 
わたると言います。 気まぐれに日記を書こうかなと。 内容は...根がスケベだから。 あまりとらわれずにいきたいです。
 
2018年5月
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  

→このジャンルの最初の日記
→全部で66日記/いやし系日記が7日記

『エッチなイタズラ』いやし系日記
えっと初めての告白ですが、実は大学に入った時って僕は既にSEXを経験していたんです。初めての経験のお話は、また後日に 書かせてもらうとして、エッチを経験してからの僕は、ますます妄想に拍車がかかるようになり、今まで漠然と思い浮かべていた事を、具体的に脳裏で 描きながら妄想するようになったのです。(汗) が、大学に入ってしばらく経っても彼女が出来る気配なんてこれっぽっちも無く、毎日寂しい日々を 一人ワンルームマンションで過ごしていた、わたるだったわけです。(笑) そんな時に、TVの深夜放送であるイタリアの青春映画を上映してたんですね。題名は忘れてしまいましたが、内容はまさしく僕の求めてるものにぴったり.. そんな感じの映画でした。 両親と兄と同居してる若い主人公の男性の家に兄と結婚した女性がやってきて、主人公が兄嫁に惹かれその若い身体に夢中に なって溺れていく..そんな話なんですが、僕が特に興奮してしまったのは、一家団欒の夕食の席で、主人公が隣に座った兄嫁にテーブルの下から手を伸ばし、 太腿を撫でたりしていくシーンでした。 もう興奮しちゃって、速攻でソロ活動の体制に入りTVを見ながら一生懸命にわたるの右手の法則運動を..(笑) 最初は手が伸ばされるたびに、払いのけたり、叩いたりして拒んでいた兄嫁も、 執拗な攻撃に最後はされるがままの状態になってしまったのです。本当に久しぶりに堪能できる番組を見た、そんな気持ちになってしまいましたね、 番組終了後には。^^ 単純な僕は映画の中で主人公が行った行為を、僕もしてみたいって思い始めたんですが、彼女も居ないし、まさかお茶を一緒に 飲んだり、皆で遊びに行ったりする程度の女友達にそんな事が出来る訳もなく、願望とは別に、毎日が何事も無く過ぎ去る日々が続いてたんです。(涙) 学園祭で出すサークルの打ち合わせが終わった後に、男二人、女二人の四人で食事に行く事になったわけです。内二人は、本当に付き合ってるカップルで 恋人同士、残りの二人は僕と、例のチークダンスの彼女って組み合わせでした。食事に行ったのは居酒屋で、炉辺焼き風なお店だったのですが、案内された 席は座敷で掘り炬燵みたいになっていて、座椅子が置いてあって、簡単な間仕切りがしてある席だったんですね。当然の事ながら、カップル同士が 一緒に座ると、僕と彼女が隣り合わせに座る事になるわけです。^^ 最初はみんなでワイワイと話をしながら、ビールとか酎ハイを飲みながら お酒の当てを食べていたのです、がその内に酔いも手伝ってか、前に座ってる二人がいちゃつき出し、僕と彼女はその二人を囃し立てたりして楽しんでたのですが、何か妙にその二人を見ていて、僕がムラムラと来ちゃったっと(笑)。その時に、ふと映画のシーンを思い出してしまい、もしかしたら今がチャンスかも ..そんな事を思い始め、彼女も少し酔ってるし、大目に見てくれるかもしれないし、前にチークで挑発された仕返しも出来るよなってね。季節は10月の半ばで、彼女はセミロングのスカートを穿いてきてました。前の二人を冷やかしながら、手を彼女の腿の上にさっと置いちゃった僕。内心では冷や汗もので、頬っぺたでも引っ叩かれたらどうしよう..そんな事も少しは思っていたのですが、いざ手を 伸ばすと、そんな気持ちも何処かに吹っ飛んでしまい、テーブルの下の手に全神経が集中しちゃいました、ほんと。^^ 手が触れた瞬間彼女の脚が、一瞬ぴくっと微妙に反応したんですが、別段手を払いのけたり、抓ったりする訳でも無くて、 僕の手が撫でるのを拒否はしなかったんですよね。それ以後はちらっと観察しても、全く 普段と変わらない感じで、スカートの上から僕が太腿を撫でているのに、僕と笑いながら会話し続けていたし、不思議な感じがしたのも事実です。 実際のところ、彼女の太腿とか内腿を撫でていたのは、ほんの5~6分ぐらいだったと思いますが、撫でてる僕当人が、興奮のしすぎちゃって、あまり余裕が無く、スカートを少し捲り上げて..までは行けなかったのが残念でしたが、初めての体験ですごく新鮮で、もちろん家に帰ってからソロ活動に従事したのは言うまでもありません。(爆)が、後日僕は彼女からとんでもない仕返しを喰らうとは 、このときはまだ夢にも思っていなかったのでした。(汗)
   大阪府北部にて
マエの話へ話のつづき
2003・9・5  Fri
日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



『今日の出来事』いやし系日記
と言ってもニュース番組ではありません(笑)。かと言って僕のエッチの報告でもなくて、そういやエッチって、一人でするソロ活動の方は 順調に数をこなしてますが、デュエットの方は..うーんもう何時の日からご無沙汰してるのか忘れちゃったってぐらいしてません。(涙) こんな僕ですが、確かにSEXはいろんな方と楽しめると思うのですが、そこから先のスケベで ねっとりとした行為となると、やはり相手の方に惹かれ、頭の中でこんな風にしたら、どんな反応するんだろうとか、もしこういう風にしちゃったら、彼女はどうなっちゃうのかな..そんな気持ちを抱けるようにならないと、出来ないと 言うか、やる気にさえもならないので、難しい訳です。 そんな訳で今日も僕は得意の妄想パワーで楽しんだので、その報告です。 これは女性の方、 特に結婚されてる人に対しては非常に失礼になってしまうとは思うのですが、僕はどうしても「人妻」って言葉に対して反応してしまう部分があって、 結婚してる女性に、人妻って部分だけで、つい目を向けてしまうようなところがあります。(汗) 別に結婚してるからといっても、人夫々ですから、 SEXの好きな方も、嫌いな方も、また淡々とされてる方も..いろんな人が 存在すると思います。 理屈では分かっていても、どうしてもSEXを経験してるって事が、僕の脳裏からは消え去らないのですよね。結婚の有無 なんてSEXの経験とは関係ないのですが、僕の中では具体的に旦那さんという相手がいる人妻さんの場合は、一体どんなエッチをしてるのかなと..興味を もってしまうのです。ただ、単に人妻だからSEXが好きとか欲求不満になってるとか、そんな単純な発想はしませんので、誤解はしないで下さいね。^^ それで、何故僕がそんな事を書いたかというと、以前の日記にも書いた、事務所の近くの喫茶店に今日も息抜きに行ったところ、僕のお気に入りの人妻さんがアルバイトで働いていたって、ただそれだけの単純な理由なんですが.. (苦笑)。今日の彼女の格好は..ファッションには疎いので、上手く説明 出来ないのですが、胸元が少し開いたキャミみたいなシャツの上に、サマーカーデガンを羽織り、少しゆったりとしたパンツを穿いていて、下半身の 方はちょっと残念でしたが、上半身は嬉しくて思わず、心の中でにやっと笑みを浮かべてしまうほど刺激的でした。尤も毎日のように通っている喫茶店 なので、街角を歩いてるときみたいな、無遠慮な視線は注げませんが、平静を装いながらも、何時しか彼女に見とれていたりも..(汗)。 彼女と交わす他愛も無い日常会話に心をの中を見透かされていないかと、ドギマギしながらも、テーブルの上に水の入ったグラスを置く彼女の胸元を見ていない振りをしつつ、 しっかりと瞼に焼き付けていた僕でした。(笑) だって、テーブルに物を置く時に、彼女の胸元が僕の目の前にあって、しかもその胸元が少し開いていて、少し柔らかそうな胸の膨らみがちらっと見えるんですもん。僕に興奮するな! 妄想するな!って言う方に無理がありませんか?^^。白く透き通った肌と形良く 盛り上がってる乳房、それに綺麗に筋の通った首筋と僕の妄想を駆り立てるには、 もう十分過ぎるほどです。こんな女性を奥さんにしてエッチが出来る男性って 羨ましいなあって思い始めると、もう駄目ですね。様々な事を連想してしまうから..。あまり具体的に書くと、ピー○×△■☆▼◎って伏字と共に見苦しい場面を 描写した事をお詫びします..とテロップまで流されそうだから(笑) 普段は一杯しか注文しない珈琲をお代わりまでして、彼女の痴態を思い浮かべ、一人悦に入り込んでいた、今日の僕でした。しかし、若かりし頃の僕だったら、 きっとパブロフの犬みたいに、我が息子は起き上がっていたはずなのに、普段と何ら変わらず、物静かに瞑想に耽っておられました。(笑) ここまで読んで何も出来事って、何も起こってないじゃないと思われた方、実は最後にその喫茶店を出る時にすごく嬉しい事が起こったのです。 お釣りを貰う時に、僕が手を滑らせて釣銭を床に落としてしまったのですが、その時、彼女がレジからぐっと前に屈み込んだ瞬間に、しっかりと彼女の膨らみがかなり奥まで覗けたのです。胸の中で、小さくガッツポーズした、どうしようもない わたるでした。(爆)
   大阪府北部にて
マエの話へ話のつづき
2003・9・1  Mon
つながり ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水
ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水 ()
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



『初めてのディスコ』いやし系日記
僕が初めてディスコに行ったのは大学に入ってからで、 しかも女性に連れて行ってもらったのでした。^^ 高校の時はクラブ活動に、 勉強に、そして妄想にと忙しくってのは嘘ですがm(__)m、あまりそういう場所に興味は無くて夜も出歩く事って殆どしてなかったような。 女の子とデートしても 大体夜の9時には家に帰って11時頃には寝るって生活してましたっけ。^^ 東京に出て来て、一人暮らしを始めた当初もそんな生活を繰り返してたんですけど、流石に色々と夜のお誘いが増えてくるに連れて、生活も一変し夜更かしする回数も増え、夜の12時、1時は当たり前みたいになってきたんです。時にはサークルのコンパで朝帰りをし、また別の日は徹マンで疲れ果てて家に帰る。流石に大学は遅刻って無いし、講義をサボってもとやかく言われないので、気楽で良いなって 自堕落な生活へと突き進んでいたのかもしれません。^^ 大学でもサークルとか 同じクラスで仲良く喋れるような女友達も出来始めたそんな頃、以前の日記に登場した彼女と、たまたま昼休みの大学の学食で出くわし、二人とも次の時間が 休講だったので、喫茶店でお茶をする事に。^^ 別段恋愛感情があったわけでも なく、気安さとか結構ウマが合うみたいな感じで、サークル内ではお気に入りだったんですね、彼女の事。多分彼女の方も同じような感じで僕を見ていたと思います。ってちょっと 自惚れてたかな?(笑) 喫茶店で他愛もない話で盛り上がり、お互いに暇だった のか、学校が終わった後に、どこか遊びに行こうって事で話が纏まったわけです、ちょっと短絡的だけど..(苦笑)。もちろん僕は遊ぶ場所なんて全く知りません、 彼女が夜のスポットを案内してくれる事になったんです。大学の正門で彼女と 待ち合わせ、駅への道を歩きながら、「一体何処に連れて行ってくれるのかな」って妙にワクワクしながら、一緒に歩いてると、急に彼女が立ち止まり、手を挙げてタクシーを停めたんですよ。「えっ!もしかして..タクシーでラブホに乗り込む のかな」なんて自分に都合の良い事を考えて、車に乗り込むと、彼女の口からは僕の想像もしてなかった意外な場所が告げられたのでした。 『六本木交差点まで!」思わず自分の耳を疑いました。ろろろっぽんぎぃ~!(汗) ほんとこんな感じでした、僕の心の中は。^^ だって六本木ですよ、「六本木心中」の。僕のイメージではスマートに着飾った 遊び慣れた男女が夜を過ごす、アダルトでリッチな街で、僕には全く縁の無い街って 感じでしたもん。(爆) 一体何処に僕を連れて行くつもりやねん!..そんな 思いを胸に彼女に付いて行くと、ビルに入りエレベーターに乗り込んで行くんです。が、ここまで来てそのまま帰るわけにもいかないで、訳の分からないまま彼女とエレベーターを降り、分厚いドアの中に入ると、いきなりのけたたましい位の大音響が耳に響いてきます。あっ!もしやこれが噂に聞くディスコかって、そこでやっと気付きました(笑)。勝手が全然分からないで、唖然としてる内にドリンクやフードが用意され、きらびやかな照明と圧倒的な大音量、それに人の凄い熱気にすっかり怖気づいてる僕を『それじゃ、踊りに行こうか』って彼女は誘ってきたんです。えっ!めっちゃ焦りました、だって音楽に合わせて踊るって自慢じゃないけど、フォークダンスと夏の盆踊りしか経験ありません(爆)。しり込みしてる僕の手を引っ張ってダンスフロアへと引っ張り出すと、彼女はリズムに合わせて楽しそうに 踊り始めます。ここまで来たら、もう覚悟を決めるしかありません、見よう見真似で僕も踊り始めたんだけど、人の目が気になって恥ずかしくて仕方ありませんでした。踊っては疲れると、テーブルに着いてアルコールを口に含み、また踊りに行く..そんな事を繰り返してると、何時の間にか僕も慣れ始め、 『結構ディスコって楽しいな」そんな事を思い始めてたら、場内の照明が急に暗くなったんです。あれ?停電か故障ちゃうんって一瞬周りを見渡すと.. 人影がまばらになり、カップルが身体を寄せ合って良いムードに。 何やねんこれって..全く場を把握出来てない僕に、彼女はそっと「チーク踊ろうか..」って囁いてくれたんです。その時に初めて。ふ~んこういうのをチークって言うんやって 知ったのですが、辺りの状況が状況です(笑) どうして良いか分からずに立ち尽くしてる僕の 首に彼女は手を優しく回し、身体を寄せてきました。緊張と興奮で胸はドキドキしています。震える手で彼女の肩に手を沿え、腰に手を回して音楽に合わせてゆっくりと動き始めていきます。初めての経験で興奮より緊張の方が強くて、焦りまくってました(笑)。そんな僕の状態に気付いたのか、彼女は更に身体をくっつけて来ます。少し汗ばんだ彼女の体温が伝わって来ると共に、柔らかな乳房が僕の胸に時おり当てられて..、何だか妙な気分になり始めちゃったんですね。と思ったら早いか、例の孝行息子が お目覚めに..(笑) あちゃ~って感じでしたけど、隠し様がありません(汗) ほんと目覚めの良い奴で困ったものです。(笑) 彼女に起ってるねって笑われるし..顔から火が出そうなぐらい恥ずかしかったかも。でも女性って分からないって思ったのは、僕がそんな状態になってるのを知っているにも拘らず、ずっと身体を密着させ チークを踊り続けてくれたんですよね、彼女。 初めてのチークは僕にとって恥ずかしさと興奮の想い出を残してくれたんですが、結構チークって好きかもって 思ったわたるでした(爆)
   大阪府北部にて
マエの話へ話のつづき
2003・8・23  Sat
つながり >1 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A]
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A] ()
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



『初めてのナンパ』いやし系日記
エロだけど意外と小心者な僕はナンパって した事が無く、見知らぬ女性に声を掛けるなんて思いも寄らない事だったんですが、大学のクラスの友達と、何となく話がまとまって、 学校の帰りにナンパしに行く事になりました。 彼も僕と同じ関西出身で、二人してどんな風に声掛けたらええんかなって感じで、渋谷まで出たわけです。僕自身は、下心は特に無かったと言うか、何も考えてなかったんですね。(笑) ただ、ナンパするって行為をしたかったから..一度やってみようかな、みたいな。こっちは二人だったので二人連れの女性に声を掛けようってことで、パルコの 前当たりで行動に出たんですが、やってみてめっちゃ難しいって事に、初めて気が付きました。 まず、声を掛けようににも声が出ない。近づいて声を掛けようとする前に、大半はそのまま過ぎ去ってしまいました。次に「あの~」って言ってる 間に無視して行ってしまうか、うざいなとか、馬鹿じゃないのって顔して立ち去るってパターン。まともに話し掛けることなんて、全く出来ず、 友人と、こりゃ、あかんで、ナンパって難しいやんって、そんな会話をして諦めモードでもう帰ろうかって時に、たまたま偶然に同じサークルの、 同学年の女の子に合っちゃったんです。^^ 彼女は僕に「あっ!わたる君、こんな所で ナンパなんかしてるんだ」って笑いながら話掛けてきて、内心まずい場面見られたなって思いで、ちょっと焦りながら「いや..別にナンパって訳じゃなくて、誰か知ってる人でも来ないかなって..」と誤魔化そうと口ごもってたら、更に「いやらしいんだから、 ナンパなんかして、わたる君」とからかって来ます。それでも、まだ僕は何とか その場を乗り切ろうと「そんなことないって、もう帰ろうって話ししてたとこやし、これから帰るねん、なっ!」って急に大阪弁になり、一緒に居た友人に相槌を求め、 渋谷駅の方に歩き出し始めました。僕は東横線、友人はJR、はて?彼女はって尋ねると、 東横線だって言うので、友人とは別れ東横線の方に向かおうとすると、「これから、どこに行くの?」って聞いてくるんです。「ん?これから帰るんだけど、同じ東横線でしょ、どこの駅?」って聞くと、何と井の頭線なんだけどって笑いながら、答えるんですね。「だって、一緒に居た人と別れないと、遊びに行けないから」なんて、しら~っとした顔で言うから、びっくりしました。「ちゃんと奢ってくれないと、サークルのみんなに言っちゃうからね」って、またまたからかって来る始末。(涙) 別に家に帰っても予定がある訳でも無いし、よく考えてみたら、東京に出てきてから、女性と二人きりになる事も無かったので、表面上は仕方ないなあ~って顔をしながら、まあ、こういうのも良いかってそんな気持ちで、彼女と再び夜の渋谷の街中へと 戻っていったのでした。(笑) 夕食代とお茶代の出費は痛かったけど、久しぶりに 女性と色んな話が出来て楽しい時間が過ごせて満足だったかも。 でも、これってナンパって言いませんよね(爆)。そして、この後僕と彼女は結構仲良くなって、一緒に遊んだりするようになっていったので、どこにきっかけって転がっているか、 分からないもんだなって、ほんとそんな感じの一日だったかな。(笑)
   大阪府北部にて
マエの話へ話のつづき
2003・8・17  Sun
つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
えいご日記  Amazon.co.jp特別企画商品
えいご日記 Amazon.co.jp特別企画商品 (PC ソフトウェア)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



『修学旅行の想い出 第二夜』いやし系日記
楽しい想い出を創るはずだった、修学旅行 の初日の夜も、ビンタと正座と言う思いも掛けない結末を迎えて、「くそぅ、こんなはずじゃ..」と思いながら、あっさりと眠りについて、 終わってしまい、二日目の朝を迎えたのでした。 もう、みんなが昨夜の僕らの行動を知っていて、爆笑されながら、馬鹿にされるし、女の子からは、当然のように白い目で見られるしで、散々な朝食の時間を過ごしました(汗)。 移動の為バスに乗り込むと、そうです、昨日のガイドのお姉さんが爽やかな笑顔で僕を迎えてくれ、少し憂鬱だった気持ちも吹っ飛び、良いよなあ、このお姉さんってニンマリしながら、昨日お風呂に入っていたのが、ガイドさんだったら、 良かったのにって少し妄想モードに(笑)。黒四ダムに到着し、巨大なダムと 壮大な山々の造りだす大パノラマに感動し、富士山以外で初めて目にする、山の頂に白い冠を被った高く連なる連峰を見て、やっぱり自然って雄大で、心が 洗われるよなあって、まるで青春ドラマの一コマに自分を置いたような気持ちになったりも。^^ ところが、そのまま終わらないのが僕です。ちゃっかりと バスガイドのお姉さんと2-ショットの写真を撮ってもらい、やった!これで現像したらおかずに出来るって、修学旅行一番のお土産もゲットして、ルンルン 気分に浸ってしまったりもしてたっけ。(爆) 無事に旅行の日程も全て終え、 ガイドのお姉さんとお別れの挨拶を済まして、帰りの列車に乗り込みました。何故かは分かりませんが、旅行の帰りは夜行列車だったんです。最初は決められた席割りで、みんな座っていたんだけど、その内に自由に席を移動し始め、ゲームやトランプで遊んだりしてる席もあれば、他愛も無い馬鹿話を楽しそうにワイワイとやってる席もあったりで、列車の中は笑い声が溢れてる..そんな雰囲気になってきました。列車の席は二人ずつが向かい合って座る、四人で一つのボックスみたいになってる席で、最初は僕も同じ席の仲間と話をしていたのですが、いつの間にか、他の三人はどこかにいってしまい、一人取り残され、「これで、僕の修学旅行も終わったなあ..」「もっとガイドのお姉さんと仲良くなりたかったなあ」、なんて少し感傷に耽ってた んですね。そんな時、同じクラスの女の子が僕の席にやって来て、「なぁ、わたる君、 一人やったら、私らの席にけ~へん?」って誘ってくれたんです。^^ 暇だったし、 断る理由も無いので、その子の席に連れて行ってもらったところが..。クラスでも男子に人気のある、可愛い子が居たんです。来てよかったぁ~って心底思いました、本当に、その時(爆)。おまけに何と、その子の隣に座れるなんて、今までの不幸が、 まるで嘘のようでした。話にゲームにとても楽しい時間を過ごしましたが、 夜も更けて来るにつれて、旅の疲れもあったのか、みんなうとうととし始め、僕も自然とまぶたが重くなってきていましたが、何時の間にか、隣の席の子が、僕の肩を枕にすっかり寝てしまったんです。いっぺんに眠気が吹っ飛びました。(笑) 緊張して心臓はドキドキと高く波を打ってるし、下手に動いて、女の子を起こしたらって思うと、身動き一つ出来ません。かと言って、みんなが寝てるのに僕一人だけ 起きてるのも変だし..。そこで、僕は寝た振りをしたんですが、全神経は僕の肩に寄り添ってる彼女へと集中してました。もちろん女の子に肩を貸す、 なんて初めてで、どうして良いかも分かりません。^^ ただ、この状況を壊したくない ..そんな思いだけで、心の中では、どうかずっと目を覚まさないようにって、それだけを念じていた僕でした。最後の最後になって、修学旅行は僕に忘れられない 想い出を残してくれたんだなって。(笑)
   大阪府北部にて
マエの話へ話のつづき
2003・8・15  Fri
日記QRコード
つながってる???アイテム
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】 (ゲームソフト)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



修学旅行の想い出」いやし系日記
中学の修学旅行は僕の通っていた学校では、 3年の春の中間テストが終わった後六月に、信州へ二泊三日の日程で行われたの ですが、その時のお話です。^^ 行きは貸切のバスで、最初席順をくじで決めた時に、一番前の席に当たってしまい、 「うわぁ~、めっちゃはずれやん、一番後ろが良かったのに」って不満たらたらだったんですが、バスに乗り込んだ途端に、顔に思わずにやって笑みが浮かんで いました。何と僕の目の前には若いバスガイドさんが居るんだもの。(笑) 制服に身を包んだガイドさんは、既に第一次エロ化現象を迎えていた僕にとっては、もうたまらない存在でした。膨らんだ胸、張った腰と弾力のありそうなお尻.. 友達と話をしながらも、ついつい気になって目がガイドさんの方に。(爆) もしかしたら、当時から制服フェチの気があったのかもしれません(汗)。 退屈なバスでの移動時間もガイドさんのおかげで、楽しい時間へと変わったのでした。 一泊目の宿は大きな民宿みたいなところに、男女別れて部屋が割り振られたのですが、夕食後の自由時間に、宿の周りを 同じグループの友達数人と歩いてると、ちょうど、目の前に女の子の泊まる宿があり、道に面して浴場の窓があったんです。^^ もしや、この窓を開けると 女の子の入浴シーンを覗けるかも..気持ちはみんな同じでした。(笑) そういう場面で真っ先に行動に出てしまう僕は、窓に手を掛けると、ゆっくりと開けようと試したら、鍵が掛かっていなくて、開いていくんです。気付かれないようにと、細心の注意を払ってドキドキと興奮しながら、少しずつ開けていき、覗ける ぐらいの隙間が出来ると、そっと中を覗き込もうと目を中に移した瞬間に、ばしゃっ!っとお湯が浴びせられたんです。(汗) 一体何が起こったのか 理解出来ず、改めて中を見ると、確かに中に女性は居たんです。バスタオルで全身を包んで仁王立ちしてる僕のクラスの担任が!、しかも40歳過ぎてます(爆) すっかり僕らの行動はばれていたのでした。(涙) すぐさま学年主任の先生が飛んで来て、僕達を先生用の宿舎に連れて行くと、 廊下に正座させられ、一緒に行動を共にした仲間4人に「お前ら、こんなところまで来て、何を考えてるんや!」って 続けざまに平手打ちを食らわし、約2時間の間反省しろ!ってずっとそのまま正座させ続けられてしまいました。 旅行に行く前に、自由時間になったら、 女の子の部屋に遊びに行こう(俗に言う夜這い?(笑))なんて計画は哀れ、泡のように消え去り、正座から解放された後には、女の子の代わりに、 反省文が僕らを待ってくれてました。(笑) もちろん反省なんかするわけもないんですが、文章を書きながらも、まだ続く修学旅行で、何か楽しい事でも起きないかなって暢気に考えてた、わたるでした。だって、修学旅行前に入念に練った、覗きと夜這いの両方が、いっぺんに駄目になったんだも~んってね^^。それにしても、もしかしたら..女の子が裸でお風呂に入ってるかも、そんな事を思いながら、窓を開けている時間って、あんなに興奮してしまうとは思いも寄りませんでした。なんか、病み付きになってしまいそうで怖い(爆)。..第二夜に続く..
   大阪府北部にて
マエの話へ話のつづき
2003・8・14  Thu
日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



『初めてのデートいやし系日記
中学生になって、無事彼女も出来て、 念願の交換日記も開始する事になったのですが、いざ始めてみると、書く事が無いっていうか、何を書いたら良いのか、苦しみ日々が 続きました。(涙) 相手の子は、日常の出来事とか、ふと自分が感じた事なんかを、ノート一杯に書いてくるのに、それに対して 僕はTVで見たアニメが面白かったとか、スポーツの話題とか数行書くのにも苦労する有様で、最初は毎日交換していたのが、 次第に僕の順番の時だけ日が空くようになってしまいました。(汗) 女の子ってよく、こんなけ書く事思い付くよなあ、いつも不思議で 仕方ありませんでしたね、当時は^^。 彼女と2人きりになるのは、たまに下校が一緒になる時ぐらいで、遊びにいったりするのも、いつも 仲の良い友人数人と..そんな感じだったかな。 はっきりと言って僕自身、異性と付き合うって事をよく理解できてなかったですし、 2人の時間を持つ事よりも、友達と遊ぶ時間の方が大切だったのも事実です。感情より、一緒に帰るとか、交換日記するとか、そんな事が 僕にとっては女の子と付き合うって事だったのかもしれません。(苦笑) 夏休みも終わりに近づいた、ある晩に彼女から電話が掛かってきました。 たまたま、クラブ活動の無い日だったので、他に予定も無く、家に居るのが大嫌いだった僕は、友達と一緒に遊びに行く約束をするような感覚で OKして、次の日にある遊園地に行く事になったんです。^^ 待ち合わせ場所に行ってみて、彼女の姿を見つけた時に、どきっとしちゃったんですね。(笑) 2人きりで待ち合わせするのは、初めてだったし、普段とは違う彼女の服装もすごく新鮮だったんですが、何故か、彼女がとても可愛くて、眩しく 見えたんです。思えば、その時に初めて彼女を異性だと意識したのかもしれません。一旦意識してしまうと、僕の心の中は緊張のしっぱなしで、 何気なく手とか体が触れ合った瞬間に焦ったり、喋り方が妙にぎこちなく、なったりしてしまいました。一緒にお化け屋敷に入って、彼女が「きゃっ~!」 って叫び声と共にしがみ付いてきた時なんか、もう心臓がバクバクと音が聞こえそうなぐらいに激しく鼓動し、ものすごく興奮と緊張の中に立たされたのも 覚えてます。もっともしがみ付かれてきたから、と言って何も出来なかったんですけどね(笑)今、振り返るとこんな僕にも 純情な時期があったんだなって、懐かしい気分に少し浸る事が出来たかな。^^ エロ一辺倒の僕にも、こんな一面があったんだなって覚えておいて下さいね(爆)
   大阪府北部にて
マエの話へ話のつづき
2003・8・12  Tue
つながり >1 >2 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0


[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています